1/24 S15シルビア(アオシマ)を作る -vol.19-

クルマ選びもホント、いろいろ悩んでいます
今年は東京モーターショーがあるので、
それに前後していろんな情報がさらに出てきそうですよね。
画像
ハリアーも搭載エンジンを含めた仕様が
そろそろ決まるよう
ですので、
かなり期待してるところです。


さてそう言えば、うちには
作りかけのプラモデルのS15シルビアがありましたよね。

うちの展示棚の端っこで転がってる作りかけの状態が
気になってはいたんですが…なかなかね。(^^;)

確かに、作る時間がなかなか無いんですが、
このままずーっとホッタラカシってのもなんだかスッキリしないなぁ…ってことで、
重い腰を上げてついにプラモ作り復活です

ただ、どこまで作ってたのかさえ覚えていない状態。(笑)


どうも、インテリアとシャシー(下回り)は完成してるようですね。
画像
そして、いよいよボディということで、
ヘッドライト周りの黒い部分を塗り分けたところでした。

そうそう、
ヘッドライト周りの塗装は結構大変だったんですよね

画像
筆でちまちま塗ってました。
使っていたのはタミヤアクリルカラーXF1:フラットブラックです。

そして、思いだすのは、
当初、ヘッドライトにLEDを組み込んで…なんて考えていましたが、
ここまで時間がかかってしまうと、一生完成しない可能性もあるので(笑)
とりあえずLED組み込みは保留ということで先を急ぎます


一応、いろいろ使えそうな部品は買っていたんですけどね。
ま、それはまたそのうち使うってことで。


ヘッドライト周りですが、
このままだと、確かに塗り分けはキレイではあるんですが、
ちょっとキレイすぎてモノ足りない気も


もうちょっとアクセントが欲しいなぁ…ということで、
プロジェクターヘッドライト部分とスモールランプが付く部分に
スモークを筆塗りすることに。

スモークはタミヤアクリルカラーのX19:スモークです。

さらに、ウィンカー部分にクリアーオレンジを塗装しました。
画像
クリアーオレンジはタミヤエナメルカラーX26:クリアーオレンジです。

経験上、クリアーオレンジはアクリルカラーよりエナメルカラーの方が
塗料の伸びが良いのと発色がキレイな気がします

そういうところからのエナメル塗料の選択です。

後の筆の洗いなんかは
アクリル塗料だと水で洗えるので楽なんですけどね。
(エナメル塗料は専用溶剤で洗うので)

そして、ウィンカー部分のオレンジは塗ってみると
ちょっとハッキリ発色しすぎでリアルじゃない感じだったので、
乾いてから、エナメル塗料用の溶剤を含ませた綿棒で
ちょっとだけ中心部分を拭き取りました。
画像
クリアレンズの向こう側に
オレンジの色が見える感じを狙ってみました。
…あんまし変わってない気もしますが(笑)。


さて、細かい部分をちょっとイジったところで、
気になっていたホイールをなんとかすることにしました。


元々キットに入っているホイールは
ブロンズ色に塗られていますが、
個人的にやっぱりホイールはシルバーってことで塗装し直します。
画像

シルバー塗装と言えば”メッキ感覚”。

手軽にスプレー塗装でメッキに近い塗装ができるんですが、
以前自分で塗った時のブログを見ても
なかなか塗りにくい印象
のコメントを残してます。

うまく仕上がれば
かなりキレイな金属光沢の塗装が出来るんですが…。

…ということで、今回は、意識してかなり薄めに吹いてみました

とりあえず、今のところの仕上がりはこんな調子。
画像
すごく久しぶりに使用したこのスプレーですが、
色がちょっとガンメタっぽくなってきてる??

輝き具合はご覧の通り悪くないんですが、
色合いが以前のメッキっぽいシルバーからちょっと変わった気が…。
気のせいでしょうか??


…ということで、復活第1回目はここまで。

メッキ感覚はとにかく乾くまで時間がかかります。
このまましばらく放置です


あ、決してこのまま、ブログ更新もまた放置ってことじゃないです(笑)。


★メッキ感覚、とにかく薄く吹くことがポイント。★

染めQテクノロジィ メッキ感覚 シルバー(V3273)
でじたみん 楽天市場店
発売予定日発売中!メーカー染めQテクノロジィ商品詳細スプレーするだけ。お手軽にメッキの光沢が得られま


楽天市場 by 染めQテクノロジィ メッキ感覚 シルバー(V3273) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



染めQテクノロジィ メッキ感覚 ゴールド(V3274)
でじたみん 楽天市場店
発売予定日発売中!メーカー染めQテクノロジィ商品詳細スプレーするだけ。お手軽にメッキの光沢が得られま


楽天市場 by 染めQテクノロジィ メッキ感覚 ゴールド(V3274) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



メッキ感覚 ゴールド / シルバー / ブロンズ 312g
Colorbucks カラーバックス
メッキ感覚 ゴールド/シルバー/ブロンズ 染めQテクノロジィ(テロソン)のメッキ感覚は素材にスプレー


楽天市場 by メッキ感覚 ゴールド / シルバー / ブロンズ 312g の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



クルマ選び-ハリアーの後継車を買おう⑦ ”現状を整理”

お盆はなんだかんだでダラダラ過ごしてました

それまで仕事が相当忙しかったので
ホント、何もせず、山を見たり、海を見たり、
プラモを買いに行ったり…。(笑)

まぁ、仕入れてきた模型についてはまた後日。


さてさて、クルマ選びですが、
いろいろ試乗したりしてきました。

とりあえず、今のところの自分の中の気持ちを整理しようと思います


候補1:プリウス 一般グレード/PHV★★☆☆☆
画像
いや、別にプリウスを嫌いなわけじゃないですよ

この写真のような後ろから見たスタイルはすごく好きだし、
本来、そんなに悪いクルマじゃないんですが、
一般グレードはやっぱり厳しいかなぁ…。

まだ、ボディ補強がされてて走りの評判もなかなかイイG’zなら
コストパフォーマンスからしても★★★☆☆に上がりますね


ただG’zは自分で試乗したことが無いので、
これはかなりの賭けですなぁ…。

事前予約でアクアを買ったように賭けるのとは違って、
今もう売ってるんで、買うなら乗ってから決めたいですよね

でも、G’zの試乗車ってほとんど見ないですね(笑)。


候補2:プリウスα★★☆☆☆
画像
これまた、嫌いではないですよ。

ハリアーの後ということを考えると、
荷物が積めるというのは大きなアドバンテージ

ただ、プリウス一般グレードと同じで、
クルマを買った後に、あのファミリーカー的な走りを変えるために
いろいろパーツを買うお金がかかるっていう点でチョット
(笑)。

まぁ、それはそれで
「悪くないんだけどねぇ…」という気持ちが正しいところ


シートの着座位置が今ひとつ定まらないってのも
このクルマのマイナスポイントですね。

このクルマでこそG’zが出るべきだと思いますが…。


候補3:CT200h★★★★
画像
さすが高いだけあります。
お金のことを気にしないならこのクラスではベストバイ。

クルマの凝縮感がたまらなく好感触で、
時間がたった今でも欲しい気持ちが消えません。

でも、クルマの大きさと価格の高さからして、
現実的に考えて、うちの家計にそんな余裕があるのかと?(笑)

そして、スピンドルグリル化のマイナーチェンジを待っているこのタイミングで
レクサスが今後のクルマのデザイン展開で
スピンドルグリルに拘らないとかいうコメントを出したことにちょっとヒイた

んな、アホな。

それってマジですか?


そうそう、レクサスと言えばNXも気になります。

キモチ的にこのクルマが第1候補だった時もありました

価格的にもCTより安くなる(NX200t)と思われますし、
ターボで走りは楽しいかもしれませんが、
ハイブリッドではないので、まぁ、燃費はそれなり。

ハイブリッドのNX300hがハリアーより安くなることはないでしょうし、
(なんだかんだでやっぱりハリアー+100万円ぐらいになるんでしょう?)
NXは確実に2.5リッターのハイブリッドで決まりでしょうから
自動車税的なアドバンテージが無いですよね。

そう考えると、結局のところ
NXはダウンサイジングの流れに乗れていないところが
ちょっと考えどころですね。



候補4:新型ハリアー★★★★
画像
デザインが抜群にお気に入りになってしまっただけに、
後は排気量がどうなるかというところ。

2リッターNAは買うつもりないので、興味なし。

ハイブリッドが2.5リッターで出るのか、
レクサスNXとの絡みで、それより下のエンジンを積んでくるのか?

もしかして、今後出るノアやボクシー搭載なんかを見据えた
2リッターぐらいの新開発ハイブリッドなんて出てくれたら
最高にイイのになぁという前提で★4つ


…ただ、最近のマガジンXによると、
ノアやボクシーは1.8リッターのこれまでのハイブリッドエンジンに決まりだという記事も。

う~ん。


しかし車両価格的にハイブリッドで300万円超ぐらいになると
これにオプション付けて行くとCTと変わらない?

そして、これだけお金出すのに、
今乗ってるのと同じ名前のクルマをまた買うってのはねぇ…って思ったりして。



候補5:ホンダ新型SUV★★★★
画像
いわゆる9月発売予定のフィットをベースにした新型SUV。
現在ハリアーに乗っていることを考えると、
SUVという選択はかなりアリ


しかも、このクルマはフィット・ハイブリッドに搭載される
1.5リッターのハイブリッドが載ることがほぼ決まっています。
だとすると、
今のハリアー比で自動車税約10000円カットは大きい。

それに、気になる走りについても
事前に新型フィットに試乗することで、
この新型SUVの走りも大体見えてくるはず



そういう不確定要素の少なさから魅力に映ってくるんですが、
何より、デザインも悪くないじゃないっすか

ここから発売するまでに
どこまでフツーのデザインのクルマになっていくか心配ですが(笑)、
全体的なシルエットは悪くないので、大丈夫かと。

SUVなんで、今度のフィットにはオプション設定が無さそうな
パノラマルーフなんかの設定を期待しちゃいますね


後は、予定通りに今年末ぐらいに発売してくれるのかというところと、
ホンダ車に興味のない家族をどう説得するか…。(笑)



…という感じですかねぇ…。


ワタシ的に、最終的なタイムリミットは、
もうすぐ決まるはずの来年4月の消費税が上がるかどうかというのを
見極めてからということになりますね


近々買うのならば、このタイミングが買いということで。


ホントはそういうのってあまり好きじゃないです。

買いたい時に、買いたいクルマを買いたい。


しかし、クルマの価格が上がるほど
消費税もバカになりませんし、
何より、自分の決断で払わずに済むなら、
払いたくないというキモチが今は強いってところです




★北海道限定ハスカップ味、懐かしくて買いました。こんな味だっけ?思い出ってキレイ…。★




い・ろ・は・す みかん 555ml×24本
コカ・コーラ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by い・ろ・は・す みかん 555ml×24本 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



コカ・コーラ い・ろ・は・すりんご 555ml×24本
コカ・コーラ
2012-09-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by コカ・コーラ い・ろ・は・すりんご 555ml×24本 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


クルマ選び-ハリアーの後継車を買おう⑥ ”初めてのレクサス店。CT200h試乗”

…ということで、何気に視界に入ったレクサス店

初めてのおつかい並みに緊張する、”初めてのレクサス店”です。(笑)

狙いはCT200h。

年末にもハッキリとしたスピンドルグリル化のマイナーチェンジを控えているので、
見た目的なことを考えると今すぐに買うのは得策ではないですが、
HS250hのマイナーチェンジから推測するに、
質感のアップなどもされそうですので、今後の候補として期待できますよね。


さて、突然の訪問ですが、駐車場に入ると、
ささっと人が出てきて駐車場に案内してくれます。
丁寧ですね。

試乗のことを伝えると、クルマを用意しますのでってことで、
とりあえず店内に案内されました。


今さら知らない人は少ないと思いますが、
店内はホテルのようで、とても落ち着いた空間です。

こういう場所にもなじむ歳になってきたんですかね(笑)。


さすがに高価なクルマを試乗するだけあって、
誓約書の様なものを書かされます。

なんだか信用されていない気もしますが、
ま、いろんな人がいますからね。
仕方ないっすね。


…ってことで、CT200hを用意してもらいました。

画像

CT200hはご存じのようにプリウスと同じハイブリッドシステムを積むクルマ。

レクサスの開発者曰く、
「素材として優れたものがあるので使いました。」という感じで、
料理する人が違えばクルマとしての仕上がりも違いますよという
自信の表れ
をなんかの本で見たことがあります。

さぁ、レクサス、どうなんでしょう。


試乗車は一般的な売れ線のversion.C。

運転席に座ってみると、
かなりシートはタイトな感じで、しっかりとお金かかってる感があります。

試乗車はファブリックシートでしたが、
いわゆる安っぽいファブリックじゃなくて生地も独特の感じで、
革シートじゃなくて積極的にこのシートを選んでもイイと思えるような感じでした

画像
ハンドルが小径で、これもまた秀逸。
握りもいいし、こういう感じ久しぶりです。

手が触れる部分や目に入る部分は
レクサスらしく、気を遣って丁寧に仕上がっています。

…というか、凝縮感があるんですよね。

なんかやっぱりイイものに触れているというか
そういうものが伝わってくる感じと言うか。

もちろん、レクサスでは一番安いクルマってことになりますが、
同じクラスのクルマではお金かかってる方
ですからね。

そういう目で見ないと正確な判断はできません。


さて動き出すと、クルマのがっしり感がスゴイ

エンジンがプリウスと同じってこともあって、
レクサスの看板代分価格が高いだけのプリウス?って感じで判断しそうになりますが、
クルマ自体の作りが全く違います。

プリウスのような薄っぺらい感じは全然ないですし、
走っていると、道路の舗装が良くなった感じさえします。

それだけ遮音もうまくできているんだと思います。


パフォーマンスダンパーの効果が
このクルマについてどれぐらいあるかは分かりませんが、
そういう一つ一つの積み重ねが
このクルマの曲がる感じの気持ち良さだったり、
しなやかさなんかを演出していると思うと、
なかなかヤルな!という感じ
です。


スポーツモード全開で!!っていきたいところですが、
全開まで踏まなくても、十分アクセルレスポンスも良くて、
これってホントに同じエンジン使ってるの?って思うほど。

元々この1800ccのハイブリッドシステムって
こんなに良く出来ていたんだなぁ~って実感します


んじゃ、プリウスって何よ?って
どうしても言いたくなっちゃう。
(^^;)

なぜ、あんなに走らない?

そして、なぜ、あんなに気持ち良くない?


よく、プリウスより100万円近く高いだけの価値があるのか?という
書き込みや、プリウスの高級仕様なんて言われることもありますが、
これやっぱり、プリウスとは全く別のクルマですよね。

そして、ホントはプリウスも
こんなクルマに仕上げたかったんじゃないの?って気がします


レクサスのクルマってすごいなぁ…というか、
昔はこうやってちゃんとお金かけてクルマ作ってましたよね…って
気がしました。



こんな感じのクルマ、
きっと昔はたくさんあった気がするんですが、
今じゃ、こんなにお金積まないと買えなくなったんだなぁ…と思うと、
ちょっと残念というか、仕方ないというか…。


日本って不景気なんだなぁと思いました。


…という感じで、乗っている間、とても楽しかった。

なんといっても凝縮感。


それはインテリアにも言えるし、
クルマ自体の動きにも共通した感じ。

これ欲しい。(笑)


…しかし、クルマを降りて、後席ドアを開けてみると、
かなり後席は狭いですよねぇ…。


フツーに175cmのワタシがドライビングポジションを取ると、
後席足元スペースはかなり最小…。

そして、ハッチバックを開けても、
やっぱり荷物スペースが狭い…。


シートを倒しても前後に短い…。

…そう、ハリアーの後に買うクルマとしてはこのクルマは小さいんです…。(T_T)
画像


でも、クルマとしてすごくイイ!!


クルマ自体の小さささえ考えなければ、
走り・スタイル・燃費、どれをとっても好みの範疇




さぁ~、いろいろ面白くなってきましたよ。

クルマ選びって
この悩んでる感じがサイコー(笑)。



★ボンネットダンパーやら、LEDナンバー灯やら。付いてないものもあるけどね。(笑)★

LEXUS CT200h ボンネットダンパー
ジェイルートウエスト

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by LEXUS CT200h ボンネットダンパー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Wits 1/43 CT200h F SPORT ブラック
小川
2013-08-31

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Wits 1/43 CT200h F SPORT ブラック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



レクサス CT200h 用 フロアマット ( ベロアタイプ )
㈱ヘブジャパン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by レクサス CT200h 用 フロアマット ( ベロアタイプ ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


クルマ選び-ハリアーの後継車を買おう⑤ ”引き続きトヨペットで。プリウスα試乗”

さてさて、新型ハリアーのプロトタイプ発表でかなり興奮しました(笑)。

いろんな憶測が流れていますが、
この後に出るレクサスNXとの関係と、最近のダウンサイジングの流れからして
2リッターエンジンがメインになっちゃうんですかね?

NXにV6が無いのに、ハリアーにV6はないですよね
同じ理由から、NXに2.5リッターのハイブリッドなので、
案外、ハイブリッドも2リッターぐらいだったりして


同じようなことを考えてる人いませんか?

どこのサイト検索しても、
雑誌からパクってきたようなレベルの情報に飽き飽きしてます。(笑)


さてさて、引き続きトヨペット店でプリウスαに試乗します。


プリウスに試乗すると、”やっぱりプリウスだな”って感想に行きつくんですが、
ハリアーと同じぐらいの積載力を誇るこのプリウスαには
かなり興味があります。

画像

雑誌などの評価でも、
普通のプリウスより後に発売されてるため“上質感がある”という評価が多く、
バネ上制振制御とかいろいろやってる効果があるということで
かなり期待をしています。


こいつの感じが良ければ
デザインは標準車のプリウスより好きなだけに
割と候補の上位に入っちゃいそうです。

プレミアム感はまぁ、純正状態じゃ厳しいですが、
そこはイジり方でなんとかする
として。


さて、プリウスαです。

運転席に座ってみますが、
ずいぶんシート座面が高く、なんだか落ち着きません

ミニバン的な座らせ方をするシートで、
まぁ、ミニバンに慣れている人なら違和感はないんでしょうが、
シート自体にホールド感が少ないこともあって、
ちょっと座っているのが不安な感じです。

最近はアクアに慣れていることと、
ハリアーもあまり運転していないこともあって
この手のポジションのシートに
ちょっと落ち着かない気もしますね



で、走らせて見ますが…

うーん…。

これって、ホントにプリウスより上質なんですかね??


なんか、フニャフニャした感じで、
昔のトヨタ車の高級な定義を再現してる感じ

まぁ、ショックとサスペンションは後で変えて
もうちょっとシャキッとした感じにするとしても
これを上質だと評価するクルマ評論家って
どっかから金もらってるんじゃないっすか?



まぁ、確かにボディ剛性なんかはプリウスよりなかなかしっかりしているというところでしょうが、
やっぱりプリウスの派生車だなぁ…というところで
心に響かないというか…なんというか…。

かなり予想を裏切られたなぁ…という感じです。


そして、何より気づいちゃったのは
プリウスαを運転しているとファミリカーに乗っている感じが強く
(実際にそういうクルマなんでしょうが)
なんだか、自分が老け込んだ気がします

これはいけない。

絶対にいけない。(笑)

…まぁ、ハリアーも今でこそ若い人も乗ってますが、
以前は若いオーナーなんて少なかったですけどね。

画像

しかしねぇ、ハリアーの後に選ぶ車として
この車を候補に入れてよいのかどうかってところは
正直あるかもしれません


でも、積載性と、あわよくば自動車税も安くしたいと考えると、
他に選択肢がないのです


案外ハイブリッドカーのラインナップって
セダンばっかりですよね。


なんかの雑誌に載ってましたが、
今度出るアクセラのハッチバックにハイブリッド仕様を設定しないのも
ハイブリッド志向はセダンオーナーに強いんだとか。

いやぁ、それってハイブリッドカーの設定がセダンにしかないから
みんなハイブリッドセダンを買ってるんじゃないっすか?


ま、ニワトリが先か、卵が先かって話になっちゃいますが。


そろそろ、もっとセダン以外にもハイブリッドの設定をやってくれませんかねぇ



…ということで、当初期待していただけに、
かなり手ごたえが無い微妙な結果に。



まったく振り出しに戻る感じです。



…という感じで失意のどん底で家に帰ろうとしたところ、
ちょうど信号待ちで止まった交差点の目の前にレクサス店が。

そういえば、プリウスと同じエンジンを積んでいる車が
ここでも売っているじゃないか(笑)。



…勇気を出してちょっと寄ってみることにしました。



★輸入車ねぇ…。そんなにゴルフっていいんすかねぇ…?★