クルマ選び-ハリアーの後継車を買おう⑧ ”新型ハリアーを吟味。”

さて、いろいろ動きがありました。

先週、新型ハリアーのスタッフマニュアル
ディーラーに届いていました。

画像

で、早速出かけて行って見せてもらったんですが、
結局エンジンはガソリン仕様が2リッター、
ハイブリッドは2.5リッターでした。

期待していたハイブリッドの2リッターの搭載は無く
どうやらノア・ヴォクシーのハイブリッドで初出しになるのか…。


うーん、残念


そして、燃費は2.5ハイブリッドでカタログ値21km/リッター程度

カムリに載せてるのと同じエンジンなんでしょうが、
SUVなんで重くて、多少燃費ダウン。

…とすると、実燃費は10~14km前後?と思うと、
ハイブリッドカーとしたら、
今さら感動するような数値でないことも事実


うーん…。



そして、以前のティザー写真では出ていなかった
インテリア関係も写真にありました

ハリアーという名前を継ぐために、
インテリアデザインもベースになった海外RAV4とはちゃんと変えてありましたし、
エアコン関係のパネルは
クラウンでも採用されたような感じにしたりして

新型RAV4よりはちゃんと上のクルマに仕上げてありました。

…が、残念ながら、シート生地の模様が安っぽかったりするので、
結局、革仕様を買わないと高級感という面では
なかなか厳しいですね

(30ハリアーの本革仕様オーナーですし。)


そして、当たり前ですが
パフォーマンスダンパーの純正採用の設定なども無く、
走りについて、あまり大きく取り上げられてはいません
(そういう車種ではないかもしれませんが…)

まぁ、この後発売されるレクサスNXに任せたよみたいな感じもあり、
当然のことかもしれませんが、
アチコチでレクサスNXの下のポジション!って感じが
伝わってきちゃうんですよね…。


果たして、そうまで感じても
同じ車名というだけで、この車を買うことに意味があるのか…。


だったらレクサスNX欲しいよね(^^;)。


なんだか、スタッフマニュアル見ていても
ドキドキしないんすよねぇ…。


なんかね。



さて、そんな感じで、ハリアーの後継車選びですが、
新型ハリアーという線がほぼ消えつつあります


ユーザー側からすると簡単にダウンサイジングって言いますが、
トヨタ車ユーザーの場合は、
今の質を落とさずにサイズだけ小さくしようと思うと
レクサスという選択肢しかないんだなぁと確信
しました。

トヨタの車種の中でダウンサイジングをやろうとすると
やっぱりどこかで妥協しないといけない部分も多いと
分かっただけでも収穫かもしれませんね。

このハリアーも売れるんでしょうけど、
今のハリアーに乗ってるオーナーとしては
やっぱり微妙ですかね…。



そんな新型ハリアーのスタッフマニュアル見学会?でした。



…あ、どっかの雑誌の記事を鵜呑みにして
そのままパクって記事を書いてるアホサイトに自慢げに書いてあった
7人乗り仕様の設定なんてありませんでした

ま、ハリアーのコンセプトを考えれば
そんな設定があるはずはないんですけど



パクるだけでなく、
少しは自分で物事考えて書いて欲しいものですよね。


そういう無責任な情報の扱い方をする人がすごくキライです。



★じゃんけん大会見てました。(笑)★

SKE48 パラパラッチュ 松井珠理奈
ブックマン社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by SKE48 パラパラッチュ 松井珠理奈 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






SKE48 パラパラッチュ 松井玲奈
ブックマン社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by SKE48 パラパラッチュ 松井玲奈 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル